臨床工学室

臨床工学技士とは?

      
  • 医療機器の操作と管理を行う専門職で国家資格を有しています。
  • 病院内で医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組み、生命維持管理装置の操作等を担当しています。
  • 医療機器が何時でも安心して使用できるように保守・点検を行っています。
  • 当院では現在4名の臨床工学技士が従事しています。

主な業務内容について

人工透析業務

腎臓の機能が低下すると水分や老廃物のコントロールができなくなってしまいます。そのような場合に人工的に血液の浄化を行う装置が人工透析装置です。

当院には人工腎臓センターがあり、15台の人工透析装置で医師・看護師と共に治療にあたっています。


血液浄化業務

体内に貯まった老廃物などの排泄や代謝する機能が働くなった場合に行う治療法です。治療法には持続的血液濾過透析、血漿交換、エンドトキシン吸着、白血球吸着、LDL吸着、腹水濾過再静注療法等があります。当院ではそれらの治療が24時間体制で行えるよう取り組んでおり腹水濾過再静注療法については登録施設となっています。


心血管カテーテル検査治療業務

心血管カテーテル室では心臓病の診断や治療を行っています。臨床工学技士は検査や治療の際に使用する各種医療機器の操作や記録を行い物品の準備等も行います。補助循環装置や体外式ペースメーカなども操作します。


ペースメーカ業務

ペースメーカとは電気的刺激を心臓に送り正常なリズムで拍動させる医療機器です。臨床工学技士は埋め込み手術に立ち合いプログラマーという機械を用いて各種測定や設定を行っています。

また、外来にて偶数月に定期フォローアップや緊急時にも対応しています。


医療機器保守管理業務

生命維持管理装置をはじめとし院内の様々な分野で使用する医療機器を安全に使用できるように保守・点検を行います。また医療機器の中央管理を行い効率的に使用出来るようにしています。


© 2007-2017 Misawa City Hospital.