入院のご案内

入院予約された方には、「入院のご案内」と「入院誓約書」をお渡しします。

入院についての詳細は、「入院のご案内」をご参考にしてください。

なお、「入院誓約書」はあらかじめご記入・捺印をし、入院時にお持ちください。

入院までの流れ

外来診療で入院が決まってから入院当日までは次のとおりです。 なお、予約外の入院につきましては異なります。状況に応じて担当者より 別途ご説明させていただきます。

【外来診療】 入院予約
医師が入院の説明と予約を行います。 外来受付にて予約表をお渡しいたします。

入院前オリエンテーション
1階 入退院センター にて入院手続き等について事前説明を行います。

【入院日当日】入院受付
1階(34)入退院センターで手続きを行います。
入院受付 総合案内や再来受付機を通らず、直接(34)へお越しください。

入院日オリエンテーション
必要書類等を確認いたします。書類の詳細につきましては「入院準備について」をご確認ください。

入院
入院病棟へご案内いたします。

入院準備について

手続きに必要なもの
  • 入院誓約書
    ※保証人は、独立した生活を営む世帯主で、経済力のある方でなければなりません。
  • 自己負担額支払同意書
  • プライバシー保護についての申出書 ※希望者のみ
  • 保険証
  • 公費負担受給者証(重度身体障害者・乳児・妊婦など) ※該当者のみ
  • 限度額適用認定証または限度額適用・標準負担額減額認定証
  • 印鑑 ※書類を直筆で記入される方は不要です。
  • 現在飲んでいるお薬
    入院中は他院での処方はできませんので、現在使用中の処方薬は、退院まで内服できるように他院で処方してもらってください。 なお、準備していた処方薬がなくなった場合は、当院で処方いたします。
  • お薬手帳 ※現在飲んでいるお薬がない場合は不要です

※なお、健康保険適用以外(交通事故・労務災害・保険未加入など)で入院する場合は、必要書類や医療費の支払方法が異なりますので、病棟事務までお申し出ください。

生活に必要なもの
  • 室内用の履き物
  • 下着
  • ゴミ箱
  • ハンガー
  • 爪切り・安全カミソリ(T字型)・電気カミソリ(状況により、看護師がお預かりさせていただくことがあります。)
  • はし、スプーン

上記につきましては1日単位で専門の民間業者から有料で貸与を受けることができます。詳細はCSセット(タオル・衣類等洗濯付きレンタル)をご覧下さい。希望される方には院内にあります業者専用窓口へご案内いたします。

  • 肌着(上衣)
  • 寝巻き、パジャマ
  • バスタオル、タオル
  • ティッシュ
  • 洗面用具(歯ブラシ、歯磨き粉、コップ)
    ※コップは瀬戸物やガラス製だと破損し、けがをするおそれがありますので、 割れない素材のものをお願いいたします
  • 寝具(布団、毛布、シーツ、枕)は、当院で用意いたします
  • ドライヤーは病棟で貸出していますのでご使用の際は看護師へお声がけください

はさみ・ナイフなどの刃物類、ライター・マッチなどの発火物などの持ち込みは禁止しております。また感染源になる危険性があるため加湿器や空気清浄器の持ち込みもご遠慮ください。

設備のご案内

個別に使用できる設備
  • テレビ
  • 冷蔵庫 【冷凍機能はありません】

上記設備をご利用の場合はカードが必要となります。退院などでカードが必要でなくなった場合、未使用分を現金に換えることができます。精算は、1階の売店横と3階エレベーターホールにある「テレビカード精算機」で行ってください。

  • ロッカー
  • 金庫

多額の現金又は高価な貴重品等は、お持ちにならないでください。また、貴重品等の保管は、病室備え付け床頭台の金庫をご利用ください。なお、万一、紛失等が発生しても一切責任は負いかねます。

共有設備
  • 入浴設備 ※入浴は主治医の許可を得てください。
  • 電話
    各病棟の食堂内に公衆電話があります。携帯電話で通話する場合もこちらでお願いします。
  • 洗面所
    各病室に1台あります。
  • 自販機コーナー
    すべての病棟内の食堂にあります。
  • 洗濯機・乾燥機
    各病棟にあります。ご利用にはテレビカードが必要となります。洗剤、柔軟剤はご持参ください。

入院中の過ごし方

6時 8時 12時 14時 18時 21時
起床 朝食 昼食 検温 夕食 消灯

※22時以降ベッドランプ・TV使用不可

食事について

給食は治療食として、重要な役割を果たすものです

  • 食事は毎食、病状に適した食事を提供いたします。病状によって固さや大きさ主食の変更、アレルギー食品の除去など対応できるものがあります。
  • 毎食お茶が一杯つきます。その他ご入用の場合は院内の自販機をご利用ください。
  • 食中毒予防のために院外からの出前及び持込みは、禁じております。また、時間の経った給食は召し上がらないようにお願いします。
  • 環境を変え楽しい雰囲気で食事ができるよう病棟内の食堂もご利用いただけます。

退院までの流れ

主治医からの退院が許可されます
退院日は原則、平日の日中となります。
事情により、どうしても夜間・休日となる場合はご相談ください。

退院後、外来を受診する場合、医師と相談し日時を決めて予約を取ります
外来の受診がはじめての方や流れがわからない方は「外来診療のご案内」をお渡ししますので、スタッフにお申し出ください。

看護師等が退院手続き等について説明を行います

病棟事務より請求書をお渡しいたします
休日退院の場合は精算方法が異なります。詳しくは入院費用についてをご確認下さい。

1階17会計窓口でお支払をしてください
未納が生じた場合は、保証人に請求することがあります。
自動精算機がご利用いただけませんので窓口でお支払いください。

入院費用について

入院費は月ごと・退院ごとの請求となります。月をまたいで入院する場合、翌月の10日前後に請求書をお手もとにお届けしますので、1週間以内にお支払いください。退院の際は、当日分を含めて全納していただきます。

休日退院の場合は、退院前の平日に前日までの入院費をご精算していただきます。退院後、残りの入院期間分の費用をお電話にてご連絡しますので、1週間以内にお支払願います。

ご都合により支払いが遅れる場合や医療費のご相談、不明な点がある方は、必ず医事課にお申し出ください。

検査等内容によっては後日、追加請求をさせていただくことがあります。

医療費以外の自費となるものを使用した場合は、その費用すべてを患者さんから徴収いたします。緊急を有する処置で必要となる場合がありますので、使用の有無に関わらず、すべての患者さんより「自己負担分支払同意書」のご提出をお願いしております。

入院費の支払いが高額になる可能性があるとき、保険者から発行される認定証を提示していただくことにより、窓口での自己負担額が軽減する場合があります。事前にお渡しする「限度額認定証パンフレット」をご確認下さい。

高額療養費制度は、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、ひと月で上限を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。金額や手続きについては加入している保険者へご確認ください。

入院に関するお問い合わせ

医事課
電話 0176-53-2161(内線 1012,1013)

© 2007-2022 Misawa City Hospital.