病院の沿革

当院は、昭和33年(1958年)10月に青森県厚生連から三沢市に移管され、三沢市立三沢病院として発足以来、上十三地域における中核病院として地域住民の医療需要に応えています。

設立年月
昭和33年10月
許可病床数
平成11年7月より220床
昭和10年 3月 上北病院古間木診療所開設
昭和27年 4月 青森県厚生連大三沢病院に改称
昭和33年 10月 青森県厚生連から三沢市立三沢病院となる
昭和44年 4月 救急病院の指定を受ける
昭和46年 5月 皮膚科新設
昭和48年 5月 脳神経外科新設
昭和50年 4月 泌尿器科新設
昭和51年 9月 麻酔科・小児科新設
昭和55年 1月 総合病院認可
昭和60年 5月 形成外科新設
平成 7年 4月 地域保健室新設
平成10年 11月 血液透析療法(人工透析)4床で開始
平成11年 4月 第5代院長 坂田 優就任
平成12年 3月 人工腎臓センター・人間ドック棟完成
平成13年 3月 土曜外来休診の完全実施
平成13年 6月 歯科口腔外科新設
平成15年 4月 化学療法科新設、外来化学療法室設置(4床)
平成19年 1月 「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受ける
平成20年 3月 新病院建設に着手
平成21年 3月 坂田院長、第83回日本胃がん学会会長就任決定
平成22年 3月 新病院建設工事竣工
平成22年 11月 新病院開院
平成25年 4月 地方公営企業法の全部適用となる
平成25年 4月 事業管理者に坂田院長が就任
平成26年 9月 PET-CT画像診断センター完成(増築)
平成27年 3月 PET-CT稼働
平成28年 10月 地域包括ケア病棟開設(51床)
平成29年 4月 第6代院長 斎藤 聡就任

© 2007-2017 Misawa City Hospital.