医療機器を更新しました

令和2年度特定防衛施設周辺整備調整交付金事業

本年、三沢市立三沢病院では「令和2年度防衛省特定防衛施設周辺整備調整交付金事業」を活用して循環器ファイリングシステムを更新しました。
本医療機器はX線アンギオ像において精度と再現性の高い心臓血管定量解析ソフトウェアとなります。当院既存医療機器との組み合わせにより、アンギオ装置から受信した画像をオンデマンドに解析可能であり、安定した患者の受入れはもとより、より正確な診察を行うことができます。
また、検査機器及び電子カルテのデータと連携可能であり循環器関係の検査・治療レポート等の管理が一元化されたことによりスムーズな治療が期待されます。

※この装置は、防衛施設と周辺地域との調和を図ることを目的とした防衛省の補助事業を活用して整備されたものです。

令和元年度特定防衛施設周辺整備調整交付金事業

三沢市立三沢病院では「令和元年度防衛省特定防衛施設周辺整備調整交付金事業」を活用して心臓カテーテル・機能評価支援システムを更新しました。

これにより安定した患者の受け入れ並びに、安全で確実な検査、治療の進行、さらには地域住民の医療環境向上に大きく貢献するものと期待しています。

© 2007-2020 Misawa City Hospital.